検定試験

今回、初めて検定試験に行ってきました。

果たして、合格点まで出せるか心配でした。前日までの成績があまりにもひどいので、受験を先延ばししようか、とも思いました。

受験者は私を含めて、4人でした。立ち会いは先生が2人で同時に行いました。1回に矢を5本吹きます。それを6回行い、合計点が基準を満たせば合格となります。私は二段を受けるので合格点は150点です。

他の3人は三段と五段に2人が挑戦しています。矢をセットする時も緊張しているのが自分でも感じとれました。吹き矢は呼吸が大事なので、複式呼吸をしっかり行うことが重要です。

1本目の矢をセットして、息を吸い込み、一気に全部吐き出します。矢はなんとか的に当たり、5点をとることができました。それからは少し落ち着きを取り戻して、2本目をセントできました。

最後の矢も終わり、ぎりぎり合格することができて、ほっとしました。この緊張感は、また経験してみたくなりそうです。

 

Report This Post

吹き矢

「スポーツ吹き矢」が目に入ってきました。

スポーツ+吹き矢の二つの言葉が一つになっているのが、

不思議でもあった。

 

アスレチックの様にフィールドを走って、途中で的に

矢を当てる・・・、そんなイメージを持っていました。

 

とにかく、見学させてもらうつもりでサークル活動を

見学させてもらいました。教室の様な部屋でした。

正面に的が四つあって、1人づつその的に向かって

矢を吹いていました。

Report This Post